ライフスタイル

くさいと思われていないか不安。対処法が知りたい!ニオイが第一印象を決める

脳は「くさい人は危険」と認識してしまいます。

心理学的にも、第一印象を決めるのはニオイだと言われています。

夏はもちろん、冬もエアコンなどで意外にも汗をかいてしまいます。
そんな時、自分が「ちょっとにおうな・・・」と思うときもありますよね・・。

ニオイは他人から指摘されにくいので(相手が言いにくい)、気づいたら距離を取られていた・・ということもあります。

スタイルの良い人よりも汗臭さが気になってしまうの、とてもわかります。

そこで、そんなニオイを防ぐための対処法をお伝えしていきます!

ニオイを気にせず1年中快適に過ごしましょう!

一度「くさい人」と思われると、また会った時に脳が自動的に「くさい人」と認識する

第一印象を決めるのがニオイであると言いましたが、最初に「くさい」と思われてしまうと、次に会った時にも「くさい人」と脳が認識します。

つまり、一度くさいと認識されてしまうと、もう挽回するのは難しいのです。

外回りなんかでたくさん汗をかいて、いざ仕事の話をしようとした時に相手の脳が不快さを感じていたら・・。

せっかくの仕事の話もうまくいかなくなってしまいますよね。

それくらいニオイは重要視しておかなければなりませんが、自分のニオイって意外と気づかなかったりするんですよね。

嗅覚の情報を処理する場所が海馬の隣にあるから、記憶に残りやすい

そもそもなんでニオイが記憶に残りやすいかというと、脳の中で嗅覚の情報を処理する場所が海馬の隣にあるからなんです。

ニオイはとても記憶と関係性が強いのです。

ニオイによって昔の出来事が思い出されたりすることもありますよね。

脳はくさい=危険と即座に判断する

脳がくさい!と感じたら、すぐに危険だと判断します。

ニオイをかいで、安全かな?危険かな?と考えていると、危険にさらされるかもしれません。

ですので、知らないニオイ、不快なニオイは即座に危険だ!と判断します。

本能で判断するのですね。

ライバルは余計に臭く感じる!?

実は、仲の良い人、ライバルや苦手な人が同じだけ臭かった場合、ライバルや苦手な人は余計に臭く感じるのです。

私はへびが苦手なので、テレビで映ったらすぐに目を閉じます。
夫のいびきがうるさかったら耳栓をします。

でも、ニオイは防ぎようがないですよね。

鼻をずっとつまんでおくこともできませんし、消臭剤をしようとしてもくさい人が近くにいると意味がありません。

ニオイは実は仕事をする上で大きな問題なんです。

くさくないのにくさいって思われてしまうケースも・・

これは悲しいのですが、実際の実験で明らかになったことです。

20代の男性と50代の男性を見てもらい、どちらがくさいですか?と質問したところ、50代の男性の方がくさいと回答した人が多かったのです。

実際にくさいのは20代男性でした。

でも、見た目でそう判断されてしまうんですね。

 

それではスタイルの良いモデルのような人と、太めの女性ではどうでしょうか。

スタイルの良い人の方がくさくても、なんとなく太めの女性の方がくさいと思われてしまうのが現実です。

理不尽すぎます。

でも、脳がそう判断してしまうので、仕方ありません・・。

ニオイを出さないことが大切

20代は代謝も活発で、汗も出やすいしニオイも出やすいのです。

これはもう仕方ないですし、一生懸命働いている証拠です。

でも、誰かに不快に思われないように対策することが大切です。

それには「ニオイを発生させない」ということが大切です。

情報番組のスッキリ!でも紹介された話題の商品です。

まさかの消臭効果!着るだけで安心に感動!!


まさかの消臭効果!着るだけで安心に感動!!

汗のニオイを3分で分解消臭してくれます。

白いTシャツタイプなので、シャツの下に着ても目立ちません。

ワキ汗、股、など体のあらゆるところからでる体臭を消臭してくれるのです。

これがあれば、ニオイを元から消してくれるので、ニオイを消すために何かつけたりする必要はありません。

まとめ

ニオイは印象を決める大事なもの。

一番良いのは「無臭」。

香水などのニオイは人により好き嫌いがあり、ビジネスシーンでは不向きです。

ニオイにビクビクしながら自分らしくいられないのは、もうおしまいにしましょう!

これで、1年中快適に過ごせたら嬉しいですよね。

まさかの消臭効果!着るだけで安心に感動!!


まさかの消臭効果!着るだけで安心に感動!!

ABOUT ME
あゆふわ
あゆふわ
横浜DeNAベイスターズを溺愛する1歳児を育てるワーママです。 地方在住のためなかなか現地観戦にはいけませんが、少しでも野球女子が増えるような情報を発信していきたいと思っています。 野球情報以外にも日々の生活が楽しくなるような情報もお伝えします。