ライフスタイル

片付けが苦手なら、ゆるミニマリストになるのがおすすめ!  

部屋は物が多くて片付かないし、部屋を綺麗にしてもすぐに汚れちゃう・・・。

片付けが苦手な人は、物が多く、収納も少ないという場合が多いですよね。

私も片付けが苦手で、部屋もバッグの中も物が多くて、人が来る時だけ片付けて、また数日したら汚れる・・というパターンでした。

片付けが苦手、苦痛、と思っていたのですが、ミニマリストという考えを知ってからずいぶんとスッキリとするようになりました。

苦手だった家事もスイスイとこなせるようになったんです。

最初はなかなかミニマリストほど極端にできないので「ゆるミニマリスト」から始めるのがおすすめ。

これで、ものが多い、片付けられないというスパイラルから抜け出せます。

片付けすると気持ちが良いし、頭の中もスッキリしますよ〜!!

ゆるミニマリストとは?


「ミニマリスト」って聞いたことありますか?

ミニマリストとは、持ち物をできるだけ減らし、必要最低限のものしか持たないこと

なんです。

ミニマリストの中には、もう布団以外はないという極端な人もいますが、最初はそこまで思い切れないですよね。

どのものも愛着があるし、ものを手放すなんて考えられないですよね。

だからこそ、ゆるいミニマリスト、ゆるミニマリストが始めやすいんです。

ミニマリストになることで、片付けの苦痛から解放されます

片付けしたいけど、ミニマリストほど物を減らせる自信がない・・。

そんなあなたのために、がんばらずにゆるくできる「ゆるミニマリスト」の方法を伝えますね。

片付けの方法はシンプル


実は片付けって、とてもシンプルなんです。

①ものの居場所を作る
②ものを居場所にかえす

いわゆる「使ったら戻す」というものです。

とてもシンプルなんですが、片付けが苦手な場合、それができないんですよね。

ものの居場所を作ることはできても、それをその居場所に戻すことができないのです。

片付けに悩んだことのないひとは理解が難しいかもしれないのですが、われわれ片付けの苦手な人はそうなんです。

片付けができない理由:収納が足りない

片付けができないのは、いくつか理由があるのですが、まず収納が物理的に足りないというケースです。

収納が足りないと、ものをしまう場所が確保できません。

収納スペースが足りないのか、収納スペースに対してものが多すぎるのか把握するのが大切です。

もし収納が足りないなら、収納スペースを確保し、ものが多すぎる場合はものを減らさなければなりません。

片付けができない理由:ものを定位置に戻せない

ものを定位置に戻せば散らかることはないのですが、できないから困っているのです。

そこで、ものを使ったら、置く前にその手で定位置に戻します。

これは訓練にも近いのですが、最初は強く意識してものを定位置に戻します。

爪切りを使いおわったら机に置く前に定位置へ。

思わず「ぐぐぐ・・」と声が出そうな苦痛な作業ですが、意識してトレーニングすることでだんだんクセになってきます。

ものを減らすことで収納が足りない問題は解決できる


収納スペースが足りないから、収納ケースを買う、というのも一つの方法ですが、ものを定位置に戻せない問題があるので、収納スペースが増えたところで部屋がスッキリとはしないんですね。

そこで行うのは「ものを減らすこと」です。

少し前から断捨離がはやっていますよね。

この断捨離ですが、最初は抵抗がありました。
「まだ使えるのに」
「もったいない」
そう思うと、なかなか減らすことができませんでした。

 

ですが、”今ある収納におさまるだけしかものを持たない”と決め、少しずつ断捨離していくことが大切です。

ものが捨てられないわたしがものを減らした方法①

とにかく「いつか使うかも」病のわたしが、ものを減らした方法をご紹介しますね。

まず、ここ1週間ほどで使った記憶のないものを写真に撮りながら紙袋にしまっていきました。(お皿やフォーク、ナイフといったものはそのままにしています)

それから1週間ほど過ごしながら、必要に感じたものがあれば紙袋から戻します。

わたしの場合、実際に紙袋から取り戻したのは、靴べらだけでした。

1週間使わないものって、これから先も使わないもんなんだとビックリしました。

ものが捨てられないわたしがものを減らした方法②

随分と減ったものの、まだ減らさないとスッキリしないと感じたので、同じような働きのものはどちらか一つだけにするルールを作って、ものを減らしていきました。

これは好き嫌いがあると思うのですが、エチケットブラシはカーペットのコロコロで代用できると思ったので、エチケットブラシを減らしました。

小さい加湿器は、空気清浄機の加湿機能を使うとして紙袋へ。

そのように、結構同じ機能を持つものが家にはあったので、どんどん減らせました。

ものが減ることが片付けがグンと楽になった

とにかく、収納スペースにゆとりがあるので、机にものを出すことがへり、収納スペースにおさまるようになりました。

もともとズボラなのでハサミはハサミの場所、というようにはできていませんが「文房具」の場所へ戻すことはできるようになりました。

ものが減ることで、散らかることがほとんどなくなりました。

散らかるものがなくなったからです。

うまくいかなかった家事も、相当楽になりましたよ!

使わないものはやっぱり捨てられなくてメルカリに

紙袋に入れる前に撮影しておいた画像を使って、不用になったものをメルカリにドーーンと出しました。

やっぱり、愛着があるので捨てられませんでした。。笑

 

作業効率化のために、紙袋に入れる前に写真をとっておくことをオススメします。
お金にもなるので、かなり得した気分になれました。

まとめ

今回はいつも周りから「ものが多いね〜」と言われてきた片付けが苦手なわたしが、ものを減らすことでかなりのストレスを軽減できた方法をご紹介しました。

片付けしなきゃ!とストレスに思うよりも、そもそも片付けしなくて良い方法はないか?と行き着いたのが「ゆるミニマリスト」という方法。

ミニマリストにはなれないけど、ゆるミニマリストは意外と実践できます!

これで毎日スッキリと快適に過ごしてくださいね(^^)

ミニマリストで有名なしぶさんの本はコチラ。
わたしはこの本を読んで、生活、考え、人生がスッキリとし、心が軽くなりました。

ABOUT ME
あゆふわ
あゆふわ
DeNAベイスターズがだいすきなあゆふわです。試合は頻繁にみにいけないですが、ベイスターズ愛は負けません! ファン歴はまだまだ5年と浅いですが、たくさんのベイスターズ愛を届けていきます。 毎日の暮らしを自由に、ホンキで楽しめるための情報も発信しています(^^)