野球用語解説

「ゲッツー」の意味をやさしく解説!ーベイスターズ女子が解説する野球用語ー

「ゲッツー」の意味をやさしく解説!野球がたのしくなる用語解説

こんばんは!ベイスターズ女子ブロガーのあゆ(@yuntyaba)です。

2018年11月7日から、侍JAPANの試合がはじまりますね。

ベイスターズの選手は、山崎康晃選手、濱口遥大選手が出場します。

久々に試合が見られるので、とても嬉しいです(^^)

 

今まであんまり野球を見たことがなかったけど侍JAPANは見てみようかな〜という方もいると思います。

 

 

そこで、今回は野球がもっとたのしめる用語解説をしたいとおもいます。

まず第1弾はゲッツーについてです。

 

なぜゲッツーを第1弾に選んだかというと、ゲッツーはかなり興奮するからです!

鮮やかで高度な技術と連携がなければ成り立たず、ゲッツーによって試合の流れも大きく変わる重要なプレーの1つだからです。

ぜひゲッツーを覚えて野球を楽しんでくださいね!

ゲッツーってどういう意味?

 

 

まず、ゲッツーとは簡単にいうと「1プレーで2つのアウトになること」です。

「併殺」や「ダブルプレー」ともいわれます。

たとえば1塁にランナーがいる状態で、打者が打った球がゴロになってしまったとします。

1塁のランナーは2塁に走りますが、アウト。

打者は1塁に走りますが、こちらもアウト。

 

こういう状態をゲッツーといいます。

応援しているチームがゲッツーになってしまうと、ものすごーく悔しいです。。

 

逆にゲッツーにできると泣いて喜びます☆一気に2アウト(すでに1アウトのときは3アウトで終了)になりますから。

ゲッツーの場面でよくつかわれる「463」ってなに?

 

テレビの解説をきいていると、「463でゲッツー!!」などの言葉を耳にします。

ぴよ
ぴよ
463とかいわれてもわからんわ!

なんのことかわかりにくいですよね。

実はこれは、ポジションを数字で表しているのです。

 

1:ピッチャー
2:キャッチャー
3:ファースト
4:セカンド
5:サード
6:ショート
7:レフト
8:センター
9:ライト

これがそれぞれの数字とポジションです。

つまり「463」というのは、打球をセカンド(4)がとり、ショート(6)がセカンドベースを踏んで受け取り、ショートがファースト(3)がファーストベースを踏んで受け取るということです。

※ショートとは、2塁と3塁の間のあたりを守るポジションです。

 

「463」以外にも「643」「543」というパターンも多くあります。

数字が出てきたら、ポジションのことだな!と覚えておいてくださいね♬

解説でも普通に「ヨンロクサン!」と出てくるので、知っておくとたのしく見ることができますよ!

 

わたしは最初背番号とおもってました。笑

ゲッツーの日本記録

 

ゲッツーの日本記録は野村克也さんで378回です。

これはメジャーリーガーの記録よりも多く、2位の衣笠祥雄さんよりも100回以上多い記録です。

 

色々な記録があるのですね(^^)

ベイスターズ女子的まとめ

 

ベイスターズには守備職人の大和さんや、柴田さん倉本さんといった守備の名手がたくさんいます。

ゲッツーは試合の中でも重要な役割をもっています。

 

来シーズンも守備陣の華麗な連携プレーで、ゲッツーをとる姿をたくさんみたいですね。

以上、野球初心者にもわかりやすい野球用語解説でしたっ♬

 

ABOUT ME
あゆふわ
あゆふわ
DeNAベイスターズがだいすきなあゆふわです。試合は頻繁にみにいけないですが、ベイスターズ愛は負けません! ファン歴はまだまだ5年と浅いですが、たくさんのベイスターズ愛を届けていきます。 毎日の暮らしを自由に、ホンキで楽しめるための情報も発信しています(^^)