ベイスターズカードの特典がすごすぎ!?ファン必見のクレカ

2021年パリーグでCS進出するのは楽天?ソフトバンク?今後の試合日程や対戦カードまとめ

2021年シーズンも残すところあと10試合ほどになりました。

パリーグは、オリックス、ロッテ、楽天、ソフトバンクがAクラスの可能性があります。

とくに楽天とソフトバンクは5.5ゲーム差なので(2021年10月8日現在)、まだどちらが3位になれるかわかりません。

今回の記事では、楽天とソフトバンクのどちらが3位になれるのか、試合日程などもまとめています。

目次

2021年楽天とソフトバンクの成績

まず10/8時点の楽天とソフトバンクの成績をみてみましょう。

楽天:60勝54敗15分 勝率:.526

ソフトバンク:53勝58敗20分 勝率:.477

残り試合は、楽天が残り14試合、ソフトバンクが残り12試合です。

5.5ゲーム差というと、かなり差がありますが、最近ヤクルトが7連勝していることをみれば不可能ではない数字です。

楽天とソフトバンクの今後の試合日程

楽天とソフトバンクの、今後の試合日程と対戦カードをみてみます。

まずは楽天です。

10/9(土)西武
10/10(日)西武
10/13(水)SB
10/14(木)SB
10/15(金)西武
10/16(土)西武
10/17(日)西武
10/18(月)日ハム
10/19(日)オリックス
10/20(月)オリックス
10/23(土)SB
10/24(日)SB
10/25(月)オリックス
10/26(水)ロッテ

ソフトバンクとの直接対決が4試合あります。

次はソフトバンクの試合日程と対戦カードです。

10/9(土)オリックス
10/10(日)オリックス
10/12(火)日ハム
10/13(水)楽天
10/14(木)楽天
10/15(金)ロッテ
10/16(土)ロッテ
10/17(日)ロッテ
10/19(日)ロッテ
10/21(木)日ハム
10/23(土)楽天
10/24(日)楽天

ソフトバンクは、オリックスやロッテなど上位を争っているチームとの試合が多く残っています。

しかし直接対決が4試合もあるので、まだわかりません。

4試合とも勝つと一気に4ゲーム差も縮められます。

ソフトバンクが3位になる可能性はある?対戦成績一覧

2021年のソフトバンクの今後の対戦カードの対戦成績をまとめました。

対オリックス:10-12(1)
対日ハム:12-6(5)
対楽天:8-9(4)
対ロッテ:9-9(3)

ソフトバンクは交流戦で大きく負け越したのですが、パリーグで大きく苦手とするチームはなさそうです。

一方楽天の対戦成績をみてみます。

対西武:13-5(2)
対ソフトバンク:9-8(4)
対日ハム:12-10(2)
対オリックス:9-8(5)
対ロッテ:8-15(1)

楽天は対戦成績のよくないロッテとの試合は1試合のみで、相性のよい西武戦は5試合もあります。

状況としては楽天の方が有利なのではと思います。

でも何にしても直接対決の4試合が大切となります。

2021年パリーグでCS進出するのは楽天?ソフトバンク?今後の試合日程や対戦カードまとめ

状況をみると楽天が3位になる可能性がとても高いです。

しかしソフトバンクは去年も優勝・日本一になっていますし、底力がすごいと思います。

残り10試合ちょっとですが、まだまだ目が離せませんね。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

横浜DeNAベイスターズを溺愛する1歳児を育てるワーママです。
地方在住のためなかなか現地観戦にはいけませんが、少しでも野球女子が増えるような情報を発信していきたいと思っています。
野球情報以外にも日々の生活が楽しくなるような情報もお伝えしています。

目次
閉じる